読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自宅療養開始から約半月。引きこもりってけっこう辛いね

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、ぼく(@diy_or_die_)です。

 

ドクターストップから約半月が経過。

 

最初は「この機に少し休むかー」なんてお気楽に考えていた療養生活もすでに半月ともなれば、さすがのぼくにも些かの焦燥感が芽生えてきました。

 

厳密には引きこもりではないにしろ、思うように体を動かすことができない自分の不甲斐なさにストレスもマッハです。

療養なのにストレスでどこかに影響がでそうで「本末転倒じゃね?」って思わずにはいられない。

 

生活圏内は半径約1キロ。

お年寄り並みの歩行速度。

 

「まさか自分が」

 

の「まさか」が本当に自分にやってくるなど露知らず、もっと早く気付けなかったのかと過去の自分に問いかけたい。

マジで問いかけたい。

 

手術まで、あと半月。

 

コエー!

 

人生初の手術&入院。

 

怖くないわけがないヨ!

 

考えるだけで不安と恐怖心に押しつぶされそうなので、時間にゆとりある今しかできないことをやろうと、ひたすら本の虫になったりブログの引っ越し&カスタム作業をしてました。

 

移住に興味津々

以前から興味があった「移住」に関する情報収集を開始しました。

 

中でも首都圏から地方に移住した若者の奮闘記がとても面白い。

リアルな実体験なので、ぼくの中で凝り固まった地方移住に対する偏見や誤解がみるみるうちに解消されていってます。

中でも近隣との人間関係や雇用に関しては目からウロコでした。

 

漫画は面白オカシく描かれているので実際にはもっとエゲツない苦難や失敗があるとは思いますが、それでも、今のぼくとしては魅力に溢れていることには変わりないでしょう。

 

マネタイズを考えた

今回、体をぶっ壊して働けなくなるという体験は、生活や仕事、大局的に見れば人生を改めて考える、見つめ直す良いキッカケになりました。

 

今まではフリーランスとして一つの事業に専念してきましたが、これからはもっと多岐にわたる収入源の確保、体を動かさなくても在宅で出来る仕事も視野に入れて模索していきたいと思います。

 

時間に余裕のある今だからこそ、こうして沢山の本と出会い、沢山の人生観や世界観に触れることができました。

 

これを後の人生に活かせるように精進していこうと思います。