読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方移住に希望を見出せる「0円で空き家をもらって東京脱出!」が超オモシロイ!

Kindle/書籍
このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:whochico:20160822120121j:plain

 

*1月5日 追記*

 

前回の記事で、最近は移住に興味があると書いたぼく(@diy_or_die_)ですコンニチハ。

 

そんなぼくは移住をテーマにしたエッセイ漫画を買い漁っているのですが、今回は中でも面白かった、参考になった、移住に関して前向きになった漫画をご紹介。

 

 「0円で空き家をもらって東京脱出!」

 

つるけんたろう先生の「0円で空き家をもらって東京脱出!」でございます。

 

f:id:whochico:20160714141750p:plain

0円で空き家をもらって東京脱出!より引用)

 

つるけんたろう、熊本出身、30歳。漫画家をめざして上京したものの、まったく芽が出ず、絵に描いたような東京貧乏ライフを送っていた。が、ひょんなことから広島県尾道の空き家を0円でゲット!地元の人と助け合い、自ら左官作業で家を直して住む、そんな地方移住ライフをつづったコミックエッセイ。
 ( amazon より引用 )

 

これめっちゃ面白いっすよ。

内容もだけど画風がツボ。

著者夫婦の常時サングラス着用とか意味分からんくて大好き。

f:id:whochico:20160714151039p:plain

0円で空き家をもらって東京脱出!より引用)

 

さらば東京貧乏ライフ

2000年。

東京の郊外、国立駅近くの安アパートで暮らす貧乏漫画家つるけんたろうさん。

しかし、時間ばかりがいたずらに過ぎる東京での生活に「モヤモヤとした不安」を抱くようになりました。

 

f:id:whochico:20160714151047p:plain

0円で空き家をもらって東京脱出!より引用)

 

 

そんな折り、友人から「尾道では家賃1〜2万の空き家がある」という情報を仕入れます。

 

f:id:whochico:20160714151057p:plain

0円で空き家をもらって東京脱出!より引用)

 

 

そこからはトントン拍子で土地と空き家を「譲渡」してもらえることになり、丸裸で尾道に飛び込んだ著者夫婦は地元の人に受け入れられ、別の空き家を再利用して卓球場を作ったり、はたまたゲストハウスを作ったりと地元の活性化に尽力していきます。

 

全くの部外者だった著者夫婦が地元の人と協力しながらD自分たちで作っていく過程の描写が本当に楽しそうで、DIYや秘密基地が大好きなぼくとしては「うおおおおお!」とこみ上げてくるものがありました。

 

これから地方に移住したい、移住に興味がある、という人に可能性を示してくれる良著だな、と思いました。

 

f:id:whochico:20160714150440p:plain

0円で空き家をもらって東京脱出!より引用)

 

画風でわかる通り、ギャグ漫画としてもサイコーに楽しめるオススメの一冊です。

 

 

*1月5日 追記*

 

2016年に読んだ「田舎&地方移住マンガ」のまとめ記事を書きました。

 

【漫画】の関連記事です↓

 

【漫画】売れない漫画家が突発的に田舎暮らしを始める「ぼっち村」がクッソ面白かった 

 

【その「おこだわり」、俺にもくれよ!!】のコダワリが妙にツボ【漫画】

 

この記事の関連です ↓

 

ギャグ漫画としても一級品な移住マンガ「0円で空き家をもらって東京脱出!」の著者インタビュー発見! 

 

移住や田舎暮らしに興味津々なので「尾道古民家再生プロジェクト」を調べてみた。

 

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted with アプリーチ