読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【初心者向け】DIYで家具を作るなら「ダボ処理」を知ってて損はナシ!

DIY/カスタム
このエントリーをはてなブックマークに追加

どもども、ぼく(diy_or_die_)ですよ。

 

今回もリライト記事でっせ。

「ダボ処理」

 

 「ビスの頭を隠すにはどうすればええんや?」 という時は「ダボ処理」をしましょう。

 

「ダボ処理」ってなんだ?

 

 簡単に説明すると「埋木」で「隠す」ことです。

まずビスを打ち込みたい箇所に、埋木と同じ径のキリモミをします。 

 

image.jpeg 

 

今回は9mmのキリで開けましたが、打ち込むビスの頭の径に合わせて調節してください。

 

次にビスを打ちます。

 

image.jpeg 

 

打ち込んだら、中に木工ボンドを適量つけます。

 

次に、開けた穴と同じ径の埋木を玄能や金槌で軽く叩き込んでください。

 

image.jpeg 

 

次に、余分に出っ張った埋木を手ノコで切ります。

 

image.jpeg image.jpeg 

 

その後、サンドペーパーなどで磨いてバリをなくせば完成です。

 

まとめ

 

今回はキリや手ノコの説明は省きましたが、道具・工具に関してはまた別の機会に、別の記事でお話したいと思います。

 

ぼくは無骨な感じが好きなのでビスの頭を隠すことが少ないのですが、ビスの頭を見せたくない仕上げの時は「ダボ処理」で隠すのもアリだと思います。

 

お役に立てれば幸いです。

 

 

 

これからDIYを始めたい初心者にもオススメの木材はコチラ


関連記事です↓

 

DIY初心者でもカンタンに使えるオススメの工具【さしがね】

現職の大工が「建物できるまで図鑑」を読んでみた感想 

木製家具のDIY初心者でもカンタンに雰囲気を作れる「ワックス仕上げ」 

 

 

ホームセンターのコメリドットコム