読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方移住を調べてたら東京にも田舎があった件

雑記
このエントリーをはてなブックマークに追加

はーいボク(diy_or_die_)でございますわよ。

 

今回は「超遠距離の地方移住」を選ばなくても田舎暮らしできるんじゃね?てお話。

 関東近県にも過疎ってる田舎はある

 

この過疎市町村のMAP検索をみてもらえば分かると思うんだけど、関東だけでも過疎ってる地域がけっこうあるんだよね。

 

で、とりあえず東京の過疎地である奥多摩のHPを調べてみた。

 

奥多摩町公式ホームページ

 

そしたら空き家バンクの情報が載ってるじゃないですか。

奥多摩町/空家バンク

 

空き家バンクとは

 

空き家バンクとは主に自治体が、定住を促進するために空き家を紹介する制度です。

 (全国空き家ネットから引用)

 

 肝心の空き家はどんな状態?

 

だいたいが五百万を切るような物件ですね。

上物の状態は値段から察することができるレベル。

 

「要補修」ですよ。

 

ざっと見た感じだと、普通に生活できる状態まで改修するのであれば、ぶっちゃけ買値の倍以上はかかるんじゃないかなぁという印象です。

気にしない人ならそのままでもOKかも知れませんが . . . . . . 。

 

移住にも色んな方法がある

 

だいぶ前の記事ですが、こんなの見つけました。

www.motohashi-yuta.com

 

こういう新しい取り組みも積極的におこなってるんですね。

今はやってないようですが、田舎暮らしに興味がある人は、各自治体の情報を定期的に要チェックですね。

 

他にも、まわるブログさんの記事にはこんな選択肢も載ってました。

 

〜地域おこし協力隊として地方に住む〜

2009年に総務省の指導により始まった「地域おこし協力隊」という制度があり、これは1年〜3年にわたって給料をもらいながら地方で仕事できるものです。

奥多摩はまだ参加してないものの、田舎暮らしをしたいのであれば、こうした制度の利用を検討してもいいかもしれません。

 

これはちょっと盲点というか、ぼくの選択肢には浮かばなかったですね。

そういやそんな制度があったな、って感じです。

 

で、早速、記事にもあった「教えて!goo × 地方創生プロジェクト |」で調べてみたところ、「え、けっこういいんじゃね!?」という良い意味で予想を裏切る結果に。

これでだいぶ選択肢が広がりました。

 

まとめ

 

今回調べてみた収穫としては、

  • 関東近県の過疎地情報
  • 空き家バンクの情報
  • 「地域起こし協力隊」という働き方

 

てな感じっすかね。

ぼくが知らないだけでまだまだ有益な情報がありそうなので、これからもコツコツ調べようと思います。

 

調べれば調べるほどイケるんじゃないかという希望が見えてきました。

 

ついでに嫁ちゃんに相談してみた!

 

「いんやぁ . . . . . . .。子育てキビシくない?」

 

ぼくの戦いは続く. . . . . .。