読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ボーダーレス】オススメのゾンビ&パンデミック作品まとめ!【随時更新】

まとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

どもども、ぼく(@diy_or_die_)ですよコンバンハ。

 

皆さんもゾンビとかパンデミック作品大好きですよね。

え?

べつに好きじゃない?

じゃあこの記事を読んで是非好きになってください (ハート)

 

*12月11日 追記しました!

 

 

今回ぼくの好きなゾンビ作品をボーダーレスにまとめてみましたが、いわゆる古典的な作品は含まれておりません。

何故なら「オススメするほど好きじゃない」から。

食わず嫌いじゃないよ?

基本的に古くさい映像が好きではないのと、その筋の本物から「そんなもんゾンビじゃねーよ」と言われそうな、本来のゾンビの定義から外れた「全力疾走するゾンビ」や「ゾンビのような人外」が大好物だからです。

 

定義については諸説ありますが、色々ややこしかったりするのでボク的には「数の暴力で押し寄せる感染者」も含めて「ゾンビ」と定義します。

 

とはいえ、もちろんベーシックなゾンビも大好きです。

古い映像作品が苦手なだけですので悪しからず。

 

オススメのゾンビ&パンデミック作品まとめ

 

ウォーキング・デッド

 

言わずもがな、って感じですよね。

もうあえて説明することもないですが、やはり最近の作品ではぶっちぎりで大好きなので当然のごとくランクインです (ランキングじゃないけど)

もう好き過ぎてシーズン通して4周くらい観てます。

食事しながらでも観れるくらいになりました(バカか)

 

〜あらすじ〜

『ウォーキング・デッド』は、ゾンビによる世界の終末を迎えた後の物語であり、荒廃したアメリカ合衆国で安住の地を求めてアンデッドの集団から逃れつつ旅をする少人数のグループを描く。シーズン1は主にアトランタ都市圏を舞台とするが、シーズン2からシーズン4は、ウォーカーから逃れてジョージア州北部地方に舞台を移す。ウォーカーはあらゆる生き物をむさぼり食い、噛みつかれると人間は感染する。ウォーカーの群れ、事故、そして生存者による略奪など、敵意に満ちた世界で日々直面する試練にもめげず、グループが人間性を保とうと奮闘するジレンマが主に描かれる。

グループは、ゾンビが大発生する前はジョージア州の小さな町の保安官代理をしていたリック・グライムズが率いる。グループは、社会が崩壊した世界で、ウォーカーの恐怖、グループ内の力関係の変化、そして自らの生存だけを考える数少ない生き残りの人間たちに直面する。

 (wikipedia より引用)

 

今最も続きが 待ち遠しい作品の一つです。

 

 

 28日後 . . .

 

〜あらすじ〜

動物愛護活動家が医療科学研究所を襲撃した。研究員はチンパンジーが危険な感染症にかかっていると警告するが、活動家は耳を貸そうとしない。檻から出した途端、チンパンジーは研究員や活動家に襲いかかった。

感染症の正体は、感染すると数秒で脳に侵入して精神を司る部分を破壊し、「凶暴性」(レイジ)を剥き出しにしてしまうウイルスであった。研究所の襲撃により外部に流出したウイルスは瞬く間に蔓延、ロンドンはゴーストタウンと化した。ウイルスの感染拡大から28日後、メッセンジャーのジムは寂れた病院で昏睡状態から目を覚ます。変わり果てた風景に呆然としながら人気のない街をさまようジムは教会に入るが、そこで彼が目にしたものは自らに襲い掛かってくる感染者の姿だった。何とか逃げのびたジムは生存者のセリーナとマークに助けられる。ジムは自分が昏睡している間に起こった出来事に驚愕する。ジムは2人と自分の家へ向うが、そこにも感染者の影があった。襲撃を受け、マークが感染する。命乞いするマークに鉈を振り下ろすセリーナ。ジムとセリーナは家を出て、フランク、ハンナ親子のアパートを見つける。四人はラジオ放送に従って軍隊の基地を目指すが、行き着いたバリケードは無人で、そこでフランクは感染してしまう。林の中から現れた兵士がフランクを撃ち殺し、 三人はウェスト少佐の基地に連行されるが、そこは取り残された兵士たちが守る分隊だった。少佐の指図でセリーナとハンナをレイプしようとする兵士たち。少佐に反抗した軍曹は処刑され、ジムは辛くも処刑を逃れ、感染者を誘導して分隊を攻撃する。セリーナとハンナを奪還したジムだが、少佐に腹部を撃たれ重傷を負う。28日後、セリーナの看病によって回復したジムは、偵察機によって発見され、救助隊が差し向けられる。

 (wikipedia より引用)

 

この作品に出てくる敵の集団は厳密には「ゾンビ」ではないのですが、前述の通り「押し寄せる数の暴力」という意味では該当します。

まぁ見た目もソレっぽいので「ゾンビ」と呼んでも差し支えないと思います。

 

この映画の「ゾンビ」は超走ります。

しかも集団が全力疾走で追ってくるシーンはマジでこえー。

生存が無理ゲー臭プンプンで希望なんてありゃしないのですが . . . . . まぁエンディングも色々用意されているので、是非お確かめください。

 

続編に「28週後 . . . 」もありますが、ぼくは1作目のほうが好みですね。

 

もう何回観たか覚えてないけど、未だに定期的に観返すほど大好きな作品です。

 

 

 

ドーン・オブ・ザ・デッド

 

〜あらすじ〜

アナは普通の看護師。夫のルイスとは普通に結婚し、普通に病院に勤務する、正に平穏を絵に描いたような生活を送る女性であった。

ある日アナが目覚めると、近所に住む少女のヴィヴィアンが顔に重傷を負った姿で、寝室の前に立っていた。ルイスは慌てて駆け寄るが、次の瞬間ヴィヴィアンは彼の首筋に噛み付き、そのまま食い千切る。凄まじい血飛沫と共に死亡するルイスの姿を目の当たりにしたアナは必死に救助を呼ぶが、電話は混線して繋がらない。その傍では、死んだはずのルイスが起き上がり、驚くアナに牙を剥いて襲い掛かる。アナは間一髪で家から脱出するが、家から出た彼女が見たものは、見慣れた家屋が炎に包まれ、人が人を襲うという混沌の世界であった。アナは止めてあった車に乗り込むと急いでエンジンを吹かし、アクセルを踏み込む。

なおも恐ろしい形相で四肢を振り上げながら追い駆けてくるルイスを何とか振り切ったアナは、当ても無く車を走らせ続けるが、彼女はまだ知らなかった。人間を感染者に変貌させる謎のウイルスが蔓延したことも、それによって急速に感染者が増え続けていることも。

 (wikipedia より引用)

 

この作品は1987年に製作されたアメリカ映画『ゾンビ』のリメイク作品です。

 

ボク的にこの作品の素晴らしいところは、物語の初っ端から観る側を「引き込む」という点。

穏やかでありふれた日常が前ぶれなく崩れ始める描写、そのスピード感が素晴らしい。

住宅街を疾走するゾンビと逃げ惑う人々。

そのどこでも起こり得てしまいそうなカオスな構図が

 

「うおおおおおおやべーーーー!」

 

という臨場感を煽ってくれます。

 

もうホンっトに走るゾンビはマジでコエーよ。

その恐怖感がクセになって数回観てます。

 

 

The Last of Us

 

〜あらすじ〜

ある日突然謎の寄生菌のパンデミックが発生し、世界は荒廃していった。パンデミックから20年後、ブラックマーケットでの取引を生業とする主人公ジョエルは、武器取引を巡るトラブルに巻き込まれたことをきっかけに負傷した反乱軍の女リーダーから運び屋の仕事を頼まれる。その“荷”とはエリーというこの世界を救う鍵をにぎる14歳の少女。しかし受取先の反乱軍のメンバーは全滅。ジョエルは相棒も失い荒廃したアメリカを少女と二人で旅をして行く事になる。行く手には「感染者」の他、生き残るためには手段を選ばない略奪者たちとの戦いが待っていた。一方で様々な方法で生き残ってきた人々との出会いは彼らの旅に新たな希望と絶望をもたらす。

旅の合間に発生する戦闘はサバイバルそのもの。人間の文明活動がとまった街は崩壊し水浸しになり緑が生い茂る。残酷であるが美しくもある。そんな中を絶望的な旅を続けていく二人。

決して正義の味方ではないジョエルは敵に容赦はしない。自らの身を守り生き延びるには、殺し、奪わなければならない。エリーも自分の運命を呪いながらも戦い続ける。ジョエルとエリーは時に反発し合いながらも互いのピンチを助け合い、親子以上の信頼関係を築いていく。だが旅の終末に待っていたのは過酷な現実だった。

 (wikipedia より引用)

 

ゲーム界からはこちらの作品をピックアップ。

 

厳密に言うとこの作品にも「ゾンビ」は出ません。

敵キャラは寄生菌に侵された所謂「感染者」となります。

この「菌類」に感染したタイプのビジュアルは今まで見たことがなかったので新鮮でしたねぇ。

顔からキノコがモサモサ生えてる見た目、生え方もエグいしグロいし相当キモい。

そんな奴らが全力疾走&集団で襲いかかってくるから超コエー!

緊張感がハンパないよ!

 

この作品は「ゲーム」のカテゴリーですが、ボク的には「遊べる映画」と言っていいほど映像と演出のクオリティがハンパじゃなく素晴らしいです。

ゲーム機をお持ちでまだ未プレイの方、やらなきゃ損ですよマジで。

ぼくは周回数を忘れるくらい遊んでますw

 

 

 ワールド・ウォー Z

 

*12月11日 追加しました

 

〜あらすじ〜 

フィラデルフィアに住む元国連職員ジェリー・レインは、妻と長女レイチェルと次女コニーを学校に送るため自動車に乗っていたが、いつもとは様子の違う交通渋滞にはまってしまう。すると突如人々が車を放棄して逃げまどい始め、ただならぬ雰囲気を感じ取ったジェリーは同じように自動車を放棄し人々と共に逃れる。人間を狂暴化させる謎の疫病が世界各地で流行し始めており、フィラデルフィアの街はゾンビの大群に襲われていた。混乱の最中、ジェリーはゾンビに噛まれた男が12秒後にはゾンビと化し、人々を襲い始めるのを目撃する。

( wikipedia より引用 )

 

個別記事でも書きましたが、冒頭のパンデミックに巻き込まれるシーンが最高でした。

今年流に言えば「神ってる」プロローグですね。

 

ネタバレ有りの記事ですが、詳しくはコチラ

 

 

 まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は「緊張感」を堪能できる作品群をピックアップしました。

まだ書いてないオススメの作品もあるので、この記事は随時追加していきたいと思います。

 

この記事を読んでゾンビ&パンデミック系の作品を好きになってくれる人が増えると嬉しいです。

 

 

【まとめ】の関連記事はコチラ


【ゾンビ】の関連記事