読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【DIY】テーブルのガラス天板が割れた?ベースが生きてるなら再利用しようぜ【リサイクル】

このエントリーをはてなブックマークに追加

どもども、ボク(@diy_or_die_)でございます。

 

今回の記事は、テーブルのガラス天板が割れちゃった時の再利用方法の提案です。

DIYして使ったほうがゴミも出なくて環境にも優しいかもね、って話。

 

DIYで再利用しようぜ

 

f:id:whochico:20160811164406j:plain

 

我が家のリビングに鎮座するこの低めのテーブルはもともと友達の物で、その友達が引っ越しの時に落としてガラス天板をバキバキに粉砕しちゃったんだよね。

 

友人「うげぇ。ゴミが増えちまった . . . . 」

 

ボク「いらない?じゃあくれよ」

 

てな訳で、テーブルの脚、ベースの「 I----I 」の部分だけいただいたのである。

 

ガラスは見事に粉々だったけど頑丈な土台部分は健在。

そいつをゴミに出すっつんだから勿体ないよね。

DIY精神がうずくってもんでしょ。

 

引き出しをDIY

 

もともと引き出しなんかなくて、天板の下は空洞だったテーブル。

まぁそのままでもいいんだけど、ホコリがたまりやすいうえに、材質のせいなのかやたらと目立つ。

こま目に掃除しろって話だけど、それもめんどくさいから「引き出し作っちまおう」ってことに。

 

f:id:whochico:20160811164414j:plain

 

超簡素。

現場で余ったラーチ合板(12mm厚)をフィニッシュでバチバチ組むだけ。

 

あ、フィニッシュってのはこのエア工具のことなんだけど

 

 そもそもこういうエア工具は

 

 ↑

こういったエアコンプレッサが必要になっちゃうので、フィニッシュ釘の代用に細い造作ビスなどで全然OKです。

 

ちなみに細ビスはこんなの

 

要は壊れなきゃどんな方法でもOKです。

ビスで組むなら合板は15mm以上の厚みのほうがいいですね。

 

DIYには簡単に雰囲気が出る「ワックス仕上げ」がオススメ

 

この記事でも書いたけど、DIYするなら「ワックス仕上げ」が簡単で超オススメです。

ニスやペンキなどの塗装は難しいので初心者にはハードルが高いと思います。

ちなみにボクも上手くできませんw

 

f:id:whochico:20160811164435j:plain

 

ただのラーチ合板もワックスを塗り込むとアラ不思議、イイ感じに変身します。

ワックスはいらなくなった適当な布に適量を乗せて塗り込むだけなので超簡単ですよ!

 

ボクが使ってるのはこのメーカーです。

色数も豊富なので、お気に入りを探すのも楽しいです。

 

 DIYでペイントしちゃおう

 

f:id:whochico:20160811164452j:plain

ぼくはこんな感じでトライバルっぽい柄のペイントを施しましたが、ここら辺もお好みで、って感じですね。

 

ちなみに方法は、マスキングテープを使って形が崩れないよう気をつけながら、茶色のペンキをベタ塗りしただけです。

超カンタンw

ペンキ塗装は使い込むといい感じに剥げてきて、その使用感のアジがまたカッコいいんですよねぇ。

 

DIYにはこういう遊び心を取り入れるのも楽しいですよ!

 

真鍮製のアンティーク取手を取り付ける

 

ここまでくるともうちょっとで完成です。

棚の中心にキリで穴を空け、真鍮製のアンティークの取手を取り付けます。

 

f:id:whochico:20160811164502j:plain

 

こんな感じですね。

 

今回はペイント部分の大きさに合わせた取手を採用しましたが、大きさや形も色々あるのでそこらへんはお好みでどうぞ。

個人的に木材には真鍮製が相性抜群だと思うのでオススメですよ!

 

天板に木材を並べてDIYが完成

 

f:id:whochico:20160812060634j:plain

 

割れたガラス板の代わりに木材を並べて天板をDIYです。

この木材は現場で余った材料に前述の「BRIWAX」を塗り込んだだけです。

ワックス塗っただけで雰囲気出るでしょ?

 

天板に木材を並べて棚を入れれば

f:id:whochico:20160811164406j:plain

 

ドーン! 

 

完成です

超カンタン。

 

まとめ

 

今回は真鍮の取手以外はオール廃材で作ったので、かかったコストは取手の代金のみ。

本来ならゴミになりそうな廃材も、発想と工夫次第で無駄にならず余計なゴミも出さないという、良いこと尽くめなDIYでした。

 

皆さんも機会があったら是非チャレンジしてみてください!

 

 

【DIY】の関連記事です