読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ゲーム】ついに我が家にも「Fallout 4 フォールアウト」がやってきたぞ!【ポスト・アポカリプス】

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:whochico:20160904112257j:plain

 

どうも、ぼく(@diy_or_die_)です。

 

ついに買いましたよ、Fallout 4 !!!

 

というのもですね、ずっと2人でやってたボーダーランズ ダブルデラックス コレクションをついにクリアしてしまったんですね。

 

 

クリアしたとは言え、2周目とかトロフィーとかのやり込み要素が多いのでまだまだ遊べるんですが、ずっとコレばかり遊んでたのでそろそろ新しいの買うかぁ、という流れになったわけです。

だいぶ楽しませていただきましたアザマス!

 

f:id:whochico:20160928195118j:plain

 

イエーイ。

一昨日とどきました。

ぼくは最近仕事がクソ忙しくて残業続きなので、帰宅してから嫁ちゃんのプレイ動画を楽しんでます。

 

「Fallout 3」についてはコチラにレビューがありますのでお時間ありましたら是非。

 

 

 【 Fallout 4 】

 

ベセスダのオフィシャルサイト

Bethsoft.com - Game Detail - Fallout 4

 

2077年10月23日、ボストンはサンクチュアリ・ヒルズに住む若いエンジニア夫婦の元にVault-Tec社からの使者が現れる。

付近に設置された地下シェルターVault 111への入居が一家全員に認められたという通知であった。

その通知を受け取った直後、アメリカ本土に核が落とされているというニュースが流れ、夫婦は赤子を連れてVaultに避難する。

Vault-Tecのスタッフから身体検査という名目で夫婦はそれぞれのカプセルに入れられ、赤子は主人公ではないパートナーと共にカプセルに入る。

カプセルに入ると装置が起動し、そこで意識を失う。後に冷凍冬眠装置であったことを知る。

核が落とされどのくらい過ぎたのかがわからないくらいの時間が過ぎたある日、外部からの操作によって一時的に冷凍冬眠が解除される。

カプセル越しに見える謎の男と女は主人公のパートナーと共にいる赤子を強引に奪おうとし、それに抵抗したパートナーを銃殺。

赤子は奪われ、再び冷凍冬眠に入る。

謎の男は再び意識を失う前に主人公を見て意味深な言葉を呟く、「まだ代わりはある」。

核戦争からちょうど210年後の2287年10月23日、冷凍冬眠装置のエラーによって主人公はカプセルから脱出し、パートナーの遺体の前で仇討ちと赤子を連れ戻すことを誓い、唯一の生存者(Sole Survivor)としてVault 111から脱出する。

荒廃したボストンを今ではこう呼んでいるという、「連邦」と。

( wikipedia より引用 )

 

 傍目からの感想 (未プレイ)

 

前作よりだいぶカラフルになった印象。

荒野とはいえ、ほとんどセピアだった前作とは違いだいぶ色味がありますね。

 

それと、レイダーの種類というかコスチュームが豊富になったのかな?

しょっぱななのにかなりイカれた装いの連中が現れて期待が持てましたw

やはりこのゲームはこうでないとね!

 

まとめ

 

つってもぼくはまだ遊んでないので、始めたらまたレビューしたいと思いまっす!

楽しみやで!

 

 

【ポスト・アポカリプス】の関連記事です