読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【漫画】アイアイムアヒーロー21巻を買ってきた【ネタバレ無し】

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:whochico:20160822120121j:plain

 

*本記事は漫画「アイアムアヒーロー 21巻」の内容については一切触れておりません。

 

どうもぼく(@diy_or_die_)です。

 

先日ぼくの大好きな「アイアムアヒーロー」の最新巻、21巻を買ってきたのですが、その表紙を見て気付いたことがあります。

 

【アイアムアヒーロー21巻】

 

f:id:whochico:20161124124130j:plain

 

もうね、中身を読む前に気付いちゃったよね。

何に気付いたって?

 

f:id:whochico:20161124124204j:plain

 

f:id:whochico:20161124124400j:plain

 

f:id:whochico:20161124124524j:plain

 

このリュック俺のと似てね?

 

確かめようがないので本当にそうかどうかの真偽はさておき、こういうリンクは妙にテンション上がる!

好きな作品ならなおさら!!!

 

というのもぼくは、こういうリアル社会の製品を登場人物が使用する漫画が大好物なのです。

好きな漫画のキャラが使っている道具、身にまとっているファッションアイテムなど、ついつい自分も実生活で使いたくなる謎の「」の持ち主がぼくという人間なのです。

 

しかし、今までは

 

漫画に登場 → 俺も買おう

 

だったのが、今回は

 

数年前に俺が買う → 漫画に登場

 

勝った!!!

 

という感じで妙な優越感を覚えましたw

 

こんなことをいちいち観察しながら漫画を読んでるのは世界広しとぼくくらいなもんでしょう。

このヘンテコリンな「」は一生消えることはないでしょうなw

 

影響を受けて購入まで至った、実社会の製品が登場する漫画

 

ということで、今回のエントリーでは現実社会の製品がいたるところに登場する漫画をご紹介。

ぼくはこれらの漫画を読んで実際に購入した商品が相当数ありますw

不思議な経済効果!w

 

ではいきまっしょい。

 

ドラゴンヘッド

 

 

 んん、これは中1の時に読んでかなり影響受けましたねぇ。

ぼくの「サバイバル・パニック」漫画好きはこの作品がルーツな気がします。

 

作中に出てくるアウトドアブランドなどの商品を調べては「んん!なるほど!こういう状況下ではやっぱりタフなものがいいよね!」ってことで、この漫画の影響で実際に購入まで至った商品は以下 ↓

 

 

 

 んん、趣味趣向は今も変わりません!

やはり多感な時期にこの漫画を読んだ影響がかなりデカいんですな!w

 

ちいさこべえ

 

 

上記のドラゴンヘッドを書いている「望月 ミネタロウ」先生の作品です。

 

この記念すべき1巻に映る向かって左側の彼、ロンゲの髭モジャが主人公なのですが、なんと彼、「大工の棟梁」さんなのです。(*ぼくもです)

このナリで大工さんなのです。

仕事着もまんまこんな感じで現場で叩いてますw

 

似たような格好で同じ仕事をするぼくとしては、シンパシー感じちゃうよねw

 

ぼくと共通点のあるこのむさ苦しい主人公に魅了されたぼくは「あ、デニムのセットアップもいいなぁ」と思い立ち、実際に購入した商品がコチラ ↓

 

 

 

そして実際に仕事着として着用してみたのですが、まぁなんというか、タイトな作りなので仕事には向かないな、ということで普段着として活躍してますw

セットアップでどちらかだけを多用するとアジにバラつきが出てしまうので、こいつらは2つで1つ 、セットアップでしか着用しません。

 

スラムダンク

 

 

 伝説的バスケマンガの王様「スラムダンク」でございます。

いまさら説明は不要でしょう。

このマンガも数多くの製品が登場しますが、ぼくが影響されて実際に購入した商品はコチラ ↓

 

 

 「やっぱり」って思った?w

買っちゃうよね〜。

このカラーリングがめっちゃクールに見えて、貯めたお年玉で買った思いで . . . . . 。

スッゲー大事にボロボロになるまで履いてたな . . . . . 。

 

今見てもこの「エア・ジョーダン1」というスニーカーのカッコ良さは永久に不滅ですね。

素晴らしい!!!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

今思い返すと「けっこう買ってるなぁ」という感じですねw

実はまだ他にも「マンガに影響されて買った品々」はあるのですが、それはまた別の記事にまとめようと思います。

 

ではまた!