読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【映画】パンデミック好きなので「ワールド・ウォー・Z」を観た【ネタバレ有り】

映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:whochico:20160928204311j:plain

 

どうもボク(@diy_or_die_)ですよ。

 

いつかレンタルで借りてきて観よう観ようと思ってた「ワールド・ウォー Z」がhuluにアップされてたので観てみました。

 

結論から言うと、この映画、

 

色んな意味で俺の期待を裏切らなかった。

 

【ワールド・ウォー Z】

 

『ワールド・ウォーZ』(World War Z)は、2013年公開のマーク・フォースター監督、マシュー・マイケル・カーナハン(英語版)脚本のアメリカ映画。

マックス・ブルックス(英語版)の小説『WORLD WAR Z』(2006年)の映画化だが、爆発的な感染力で人間がゾンビに変化して人類の存亡を危うくする設定以外は原作と同一な点は無く、映画と原作は全くの別物である。

( wikipedia より抜粋 )

 

感想

 

すごいザクッと簡単にストーリーを説明すると、

 

  • 世界規模で未知のウィルスが猛威をふるう
  • 元国連の主人公とそのファミリーがパンデミックに巻き込まれる
  • 家族の安全と引き換えに国から強制的に協力させられる
  • 元凄腕国連職員の主人公、パンデミック収束の手がかりを探す旅に出る。

 

てな感じ。

 

正直、ストーリー的にはよくある話というか、「こういう感じかぁ。どっかで観たな」感が否めません。

 

しかし、冒頭のパンデミック発生時のパニックに主人公ファミリーが巻き込まれるシーンは圧巻の一言

感染の拡大が始まる瞬間から人々が我先にと本性丸出しで逃げ惑う阿鼻叫喚

そのカオスっぷりはボクの予想をはるかに超え、久しく感じていなかった「恐怖」と「興奮」を同時に与えてくれました。

 

しかも、POV映画ではないにもかかわらず、なぜか没入感がすごい冒頭のパンデミックシーン。

それはぼくが新婚という超個人的な理由からなのか、パニックの発生が大都会だからなのかわかりませんが、どちらにせよ、当事者気分で魅入ってしまった素敵な地獄絵図でした。

 

「俺、こういうカオスな世界の描写がマジで好きだなぁ」

 

と改めて実感しました。

 

だがしかし!

 

偏見ですが、経験上こういうプロローグでガッツリ作中に引き込んでくれる映画って、だいたいが尻すぼみなんですよね。

しょっぱなに製作陣の「心血注いでるぜ!」感を抱くと、終盤の、本来「ここがこの映画の1番最高の見せ場だよ!」ってところで「. . . . . え、ココ!?」ってなっちゃうんですよね。

これはぼくだけかもしれませんが . . . . . 。

 

希望の星、あっけなく死ぬ

 

主人公が同行を頼まれたウィルス学界のホープがですね、目的地に着いてすぐ死ぬんですね。

その死に様がくだらなすぎて

 

え?

 

てなります。

 

なんか移動の機内で偉そうにドヤってたくせにクソみたいな死に様でマジで呆気に取られました。

 

「オイてめぇ!www」

 

みたいな。

 

ここから先、まぁもちろん色々あるんですが、なんせ序盤のパンデミックパニックが最高過ぎてね . . . . . 。

以降同様のシーンが3回ほどあるんですが、やはりしょっぱなのインパクトには勝てず、正直どれもイマイチな印象でした。

 

この映画の最大の見せ場であろうシーンも

 

「これ多分、本来1番盛り上がるところなんだろうなぁ」

 

という具合で、終盤には妙に冷めた目で観ていました。

 

まとめ

 

オープニングが所謂「神ってる」映画でした。

 

パニックの元凶である「ゾンビ」の在り方も、みなさんがゾンビと聞いて思い浮かべる普通の「ノロノロゾンビ像」とはかけ離れていると思うので、「これぞ、ザ・ゾンビ!」というゾンビしか認めないゾンビファンからは否定されるかもなぁ、って感じですね。

 

ぼくは今作の凶暴型ゾンビ、シンプルに「怖い」からけっこう好きです。

 

 

「凶暴型ゾンビ」が好きな人へ

 

ゾンビの定義は諸説ありますが、この映画に出てくるような「スピーディ」で「暴力の権化」タイプの「凶暴型ゾンビ」が好きな人は、以下の作品も楽しめるハズ。

 

〜映画〜

 

【28日後 . . . 】

 

 

【ドーン・オブ・ザ・デッド】

 

 

〜ゲーム〜

 

【ラスト・オブ・アス】

 

 

【レフト4デッド】

 

 

【ダイイング ライト】

 

 

以上の作品は「凶暴型ゾンビ」が好きな人には超オススメです。

 

「ワールド・ウォー・Z」の著者が書いた「ゾンビ・サバイバル ガイド」

 

ちなみにですが、「ワールド・ウォー・Z」の著者であるマックス・ブルックスさんの書いた「ゾンビ・サバイバル ガイド」という、ゾンビの脅威に立ち向かう為のガイドブックもあります。

 


ゾンビ・パンデミック」で生き残りたい方は是非。

 

ではまた!

 

 

【ゾンビ】の関連記事です