読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリぼっちで「さみしい」「つまらない」と嘆くアナタに伝えたいこと

雑記
このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:whochico:20161208201628j:plain

 

ちわーす、ぼく(@diy_or_die_)でーす。

 

最近「クリぼっち」なる造語を知って、それについて言いたいことがあるから今PCに向かっている。

 

まず言っとくが、

 

おい、クリスマスに1人とか最高じゃねーか。

 

 クリボッチ?せっかくだから楽しめよ

 

最初に言っておくが、俺はクリスマスをかれこれ20年近く1人で過ごしていない。

恋愛遍歴で言えば、俺は1人の女性と長くお付き合いをする傾向にあり、かつ、なぜか良いタイミングで恋人ができるので結果としてクリスマスを1人で過ごさぬままにほとんどの人生を送ってきた。

 

しかも、今となっては既婚者だ。

必然的にクリスマスの予定は死ぬまでビッシリ埋め尽くされている。

 

これは自慢でもなんでもなくただの事実で、「良い」とか「悪い」とかの話じゃなく、「そういう人生もある」ということ。

 

人間てのは不思議なもんで、誰かがそれを羨ましいと思っても、当人はその逆を羨ましく思い、欲してしまうものだ。

 

つまり俺が言いたいのは、

 

「クリスマスに一人ぼっち?俺もそれ経験してみぇ!」

 

ってことだ。

 

そもそも俺はクリスマスが嫌い

 

それは「誰かといるクリスマス」って意味じゃなく、クリスマスという「イベント」自体が好きじゃない、ってこと。

クリスマスがくるのを指折り数えてたのはせいぜい小学校低学年くらいまでなもんで、それ以降はマジでどうでもよくなってたし、当日が近づくにつれ浮かれ始める世間の空気とか人々の妙な期待に満ちた顔とか、クリスマスに関連する全てにウンザリしていた(クソ)ガキだった。

別に貧乏で不幸な生い立ちの幼少期ってわけでもないし、「なぜそうなのか」という明確な理由も特に見当たらないから、きっと生理的なものなんだろう。

 

しかも、その感覚は今も変わっていない。

 

ついでに言えば、「ハロウィン」なるイベントも「クリスマス」と同じくらい嫌いだ。

街中で仮装してゴミをそこら中にまき散らす迷惑千万な所謂「パリピ」な連中にも同様に反吐が出る。

 

ほんとはもっと毒突きたいけど話が逸れそうなのでここら辺にしておく。

 

クリぼっちさん達よぉ、その1人の時間は「今」だけかもしれないよ?

 

もしかしたら来年は「恋人」なり「人生の伴侶」なり、「誰かと過ごすクリスマス」になってるかもしれないよ?

その可能性は誰にだって等しくあるハズだ。

人生、どこでどう転ぶかなんてわからないからな。

 

そして、いつか「誰かと過ごすクリスマス」が当たり前になった時、お前はきっとこう思うんだ。

 

「クリスマスに一人ぼっち?それ久しぶりに味わいてぇ!」

 

てな。

 

仮に今年は「クリぼっち」でも、俺はその今年限定かもしれない1人の時間」を大いに楽しむべきだと思うよ。

ガキじゃねぇんだから「1人だと楽しめなぁい」なんて甘ったれたこと言うんじゃねぇ!

 

クリぼっちの楽しみ方

 

ここまで煽っといてなんだが、俺はその「1人でクリスマスを楽しむ方法」は提示できねぇ。

なぜなら、幸か不幸か俺は、クリスマスを1人で楽しんだ経験を持ち合わせてねぇんだからな。

 

ネットに溢れる「クリぼっちでも楽しむ方法◯選♪」とかを片っ端から試してみるのもアリかもしれねぇぞ?

もしかしたらお前の感覚にドンピシャな楽しみ方が見つかるかもな。

 

答えはいつだって、お前自身が見出すもんなんだぜ。

 

まとめ

 

まぁせっかくなんで、クリスマス1人ぼっちだろうが「」を全力で楽しめよ、ってこった。

幸せな未来は「今を全力で生きた」やつにしか訪れないんだぜ。

 

え?

今年の俺のクリスマス?

 

妻とクリスマスパーティに決まってんだろーがwww

 

クリスマスは好きじゃねーけどパーティは好きなんだよ!www(自宅限定パリピ

 

結婚は良いぞ〜。