読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【初心者向け】DIYを始めるなら「水平器」も最初に揃えるといいよ!【道具】

DIY/カスタム 道具/工具
このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:whochico:20160813072439j:plain

 

どうも、ぼく(@diy_or_die_)です。

 

木工でDIYするとき、最初に揃えたほうがいい道具ってけっこうな数あるんだけど、今回はその中でも「水平器」について、使いどころと使いかたをちょろっとご説明します。

 

DIYで使う【水平器】

 

f:id:whochico:20161218095327j:plain

 

木工でインテリアとか、家具とか、なにかDIYしたいなぁってときに「」って割と選択されやすいと思うのですが、例えば設置場所の高さを床や天井から採寸しても、もしかしたら数ミリの狂いがあるかもしれないので最終的には「水平器」を使って微調整することをオススメします。

 

【水平器】で水平を測る

 

水平器」は読んで字の如く「水平を測る」道具なのですが、使い方はいたって簡単。

水平を取りたいものの上に乗せるだけです。

そして、センターにある泡、気泡をガイドラインの中央に持ってくるように、取り付けたい本体を少しずつ傾けます。

 

まずは横から見た図。

 

f:id:whochico:20161218095301j:plain

このように「気泡ゲージ」の泡がガイドラインの中央に位置していれば水平が出ています。

 

f:id:whochico:20161218095238j:plain

このようにガイドラインからズレてしまっているのはダメな例。

 

次は真上から見た図。

 

f:id:whochico:20161218095312j:plain 

ちゃんと水平が出ていますね。

 

f:id:whochico:20161218095317j:plain

これはダメな例。

  

使い方はたったこれだけ。

 

気泡がガイドラインの中央にちゃんと収まっていれば、その本体の「水平が出ている」ということになります。

 

【水平器】で直立を測る

 

今度は「水平」ではなく「直立」を計ります。

 

使いかたとしては水平を出すときと要領は同じで、直立の場合は、直立を出したい本体に対し「」にくっつけます。

すると、水平器自体の先端に「縦用の気泡ゲージ」があるので、それを目安に直立を出しましょう。

気泡の合わせ方は水平を測るときと一緒です。

 

f:id:whochico:20161218095229j:plain

気泡が中央に納まっているので直立が出ています。

 

f:id:whochico:20161218095226j:plain

気泡がズレているので、水平器をあてているモノが傾いています。

 

直立を出す機会は水平を測るより少ないと思いますが、例えばテーブルの脚とか、カウンターを乗せる小壁を作るときの束とか、そんなときに活用するととても便利です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

水平器」の使い方としては、ご家庭でDIYをするぶんには今回説明した使い方を把握しておけば大抵の場合は事足りるかと思います。

 

その他の【DIYの初心者が揃えたほうがいい道具類】は下記の関連記事を参考にしていただければと思います。

  


これからDIYを始めたい初心者にもオススメの木材はコチラ


お役に立てれば幸いです。

 

ではまた!

 

 

  

ホームセンターのコメリドットコム