読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【漫画】「アポカリプスの砦」はまとめ買い必至の良作ゾンビパンデミック

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、ぼく(@diy_or_die_)です。

 

ヤバイよスゲー漫画と出会っちまいましたよ . . . . . 。

 

 

【アポカリプスの砦】

 

f:id:whochico:20170110124658p:plain

 

 

ゾンビvs.不良!!!!! 監獄を舞台に災厄が最悪を食む!! ――関東中の不良が集まる更生施設・松嵐(しょうらん)学園に、無実の罪で収監された前田義明(まえだ・よしあき)。暴力渦巻く日々に、義明は絶望感を募らせていく。そんな中、監内に突如現れたのは死してなお歩き、人を喰らうゾンビだった……! 悪夢のような世界で、不良達のサバイバルが始まる!! 戦慄のパニック・ホラー!!!

( amazon より引用 )

 

この漫画、相当ヤバイっすよ。

数多のゾンビパンデミック映画に引けを取らない臨場感。

漫画の表現力でここまで「血湧き肉躍るほどの興奮」を覚えるとは思わなかった。

この衝撃は、昨今のゾンビ漫画の筆頭「アイアムアヒーロー」以来ですね。

 

 

こちらの記事でも書きましたが、ぼくが思う「ゾンビ作品」の醍醐味ってパンデミック発生時のカオスパニックの表現なんですよ。

 

f:id:whochico:20170110124647p:plain

(アポカリプスの砦 一巻より引用)

 

残念なことに、ここの描写で作品に引き込んでくれないと先の展開までぼくの心を持っていってくれません。

 

【アポカリプスの砦】のカオスパニック

 

その点、読者の気持ちを終始興奮状態に保ち続ける「アポカリプスの砦」のメリハリの効いたストーリー構成は非常に素晴らしい。

割合で言えばカオス6に対して平常時4

 

f:id:whochico:20170110124649p:plain

(アポカリプスの砦 一巻より引用)

 

厳密に言えば作中は世界規模のパンデミック時なので「平常時」ではないのですが、なんというか、登場人物たちが落ち着いてる描写ですね。

このカオスと平常時の割合加減が絶妙で、ここまで読者の「興奮と興味」を次巻まで引っ張り、かつ最後までテンションを維持させてくれる漫画はそうそう無いですよ。

 

f:id:whochico:20170110124653p:plain

(アポカリプスの砦 一巻より引用)

 

対ゾンビパンデミックの戦闘シーンは圧巻

 

カオスパニックの描写も素晴らしいですが、「アポカリプスの砦」のもう一つの魅力は対集団ゾンビとの圧巻の戦闘シーンです。

 

f:id:whochico:20170110124642p:plain

 

まるでアクション映画を観てるかのような躍動感溢れる動きは他の「ゾンビ漫画」の追随を許さない圧倒的なオリジナリティがあり、これを観るためだけにこの漫画を読んでもいい、と言っても過言ではありません。

 

f:id:whochico:20170110124640p:plain

(アポカリプスの砦 一巻より引用)

 

否が応にも興奮するシーンが満載なゾンビ漫画です。

 

予想を裏切る展開が読者を飽きさせない

 

えー!?ここでそうなるの!?

 

という展開の連続で最後まで読者を飽きさせません。

この「読者の期待、または予想を裏切る」展開を絶妙なタイミングで差し込んでくるので、先が気になり過ぎてページをめくる指が止まらなくなり、1冊読むのがマジであっという間。

ぼくは全巻大人買いしましたが、全部読み終わるまでに多分2時間かかってないと思います。

 

最後までダレることのないこのスピード感には驚きましたね。

 

かと言って内容が薄いかと言えばそうではなく、しっかりとしたストーリー構成と随所に張り巡らされた伏線などで、ただ「ゾンビが暴れて終わる」だけの漫画と違って読み応えがあります。

 

まとめ

 

いやー、2017年のっけから最高の漫画に出会えたので、今年はなんだか良いことありそうな気がしてます。

 

アポカリプスの砦」は、「ゾンビパンデミック」の枠に縛られない面白さがあるので、まだ未見の「漫画好き」の方みなさんに超オススメします。

 

ではまた!

 

あ、こっちのゾンビ漫画も面白いですよ!


 

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted with アプリーチ