読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事が「つまらない&飽きた」から所属してる会社辞めるわ

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもボク(@diy_or_die_)です。

 

突然ですが、仕事に飽きたから会社辞めます。

 

 

つまらない仕事に飽きて毎日が苦痛なら辞めるべき

 

厳密に言えば、もともとがフリーランスなので「所属している会社を辞める」ということです。

 

理由は超カンタン。

 

飽きたから

 

です。

 

もうね、全然面白くねーんですよ。

仕事に対してのモチベーションなんてここ数ヶ月上がった試しがないし、毎朝おきるとダウナーな気分で憂鬱な1日が始まります。

通勤時間からしてストレスMAXでさぁね。

 

は?いい歳こいて飽きたから辞めるとかお前仕事ナメてんの?

 

って声が聞こえてきそうですが、ボクから言わせれば

 

は?お前は人生をナメてない?

 

って感じです。

 

だって仕事って、人生のウェイトを大幅に占めるじゃないですか。

平均稼働時間を8時間だとして、それに通勤やら休憩やらを含めたら1日辺り10時間以上は仕事に割くわけだ。

 

半日近くを占める「仕事の時間」に「飽きてしまった」ら、残りの人生ヤバくないですか?

今の仕事を残りの30年に費やすって考えたらゾッとしたよホントに。

 

これを続けなきゃいけないなら今死んでもいいや

 

って本気で思いました。

 

と言っても、もちろん

 

働かない

 

って訳ではないので悪しからず。

 

働き方を変えるだけの話

 

今までは主に「to B」で仕事をしてましたが、これからはメインを「to C」にシフトチェンジして、もっとフリーランスという立場の強みを活かした働き方、生き方を体現していこうと決めました。

 

もちろん企業を相手に仕事を請けていたほうが収入は安定するんですが、それと引き換えに心を殺し続けている自分がもう許せないし、ここ数ヶ月は「生きながらに死んでいる」ような精神状態だったので、さすがに働き方の方向転換をしないと心身共にヤバくなりそうな気配がプンプンしてきました。

正にリビング・デッドですよ。

こんなんじゃ「生きるために働いている」のか、「働くために生きている」のかわからなくなってしまいます。

 

ブログに本腰を入れるキッカケになったように、また体ぶっ壊すのもこりごりですからね。

 

関連記事:体を壊して働き方を見つめ直したぼくが「ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方」を読んでみた。

 

 

具体的には「自分に優しい働き方」と「心踊る仕事」

 

経験則ですが、無理をした「自分に優しくない働き方」を続けると必然的に肉体を壊します。

そして、自分で言うのもなんですが、真面目な人ほど不甲斐ない自分を責める傾向があり、無理を重ねて悲鳴をあげた肉体と連動するかたちで精神も壊れ、最悪の場合、社会復帰も難しくなります。

 

幸いなことにぼくは寸でのところで無事に社会復帰できましたが、あれ以上に自分の心を殺し続けて働く未来を想像すると、ほんとうに身の毛もよだつ思いです。

 

そんな経験を踏まえていま思うのは、もっと「心から突き動かされる仕事」でないと続けられないということ。

もっとわかりやすく言うと「働きたくなるような仕事に従事する」ということですね。

 

毎朝起床して嫌々出勤する仕事に意味を見出せなくなったので、これからはもっと自分の心に正直になれる働き方を目指して頑張ろうと思います。

 

タイミング的にも何の巡り合わせか、最近、ありがたいことに横でつながってる同じフリーランスの方々からお声をかけていただいています。

ここ何年かは常に忙しい状況だったので、いままでは面白そうな仕事も泣く泣くお断りしていたのですが、これからはフットワークの軽いフリーランサーとして「心赴くまま」果敢に引き受けさせていただく所存です。

 

まとめ

 

と、こんな感じの決意表明的なエントリーでした。

 

結局、無理をして働き続けて自分が壊れたとしても、当然ですが誰も補償なんかしてくれません。

 

自分の身は自分で守る

 

を鉄則として、これからは心身ともに健康的な生活を目指して動いていきます。

 

ではまた!