ジーパンが破れたらリペア&リメイク!デニムの色落ちやダメージ修理は愛情の証だ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、ぼく(@diy_or_die_)です。

 

お気に入りデニムパンツのダメージが大きくなってきたので、最近仕事が忙しくヘロヘロなぼくは嫁ちゃんにリペアをお願いしました。

そのついでと言っちゃあなんですが、せっかくなので今回は嫁ちゃんにブログ記事の寄稿もダブルで発注です。

新しい試みw

 

 

 

ジーパンが破れたらリペア&リメイク!デニムの色落ちやダメージ修理は愛情の証だ!

 

以下、嫁ちゃん執筆です。

 

旦那のダメージデニムをミシン初心者の嫁がリペアしたよ!

 

旦那さんの作業着はもっぱらディッキーズかデニムですが、最近は仕事がとても忙しそうで、ハードワークになるとデニムもクラッシュ。
あんなに丈夫な生地に割と早々に穴が空きます。


先日、そんな穴の空いたデニムを手に


これ、まだ履けるなあー(チラッ)リペアしなきゃなー(チラッ)


という「やりたいけど僕は満身創痍メッセージを感じ取った嫁はしぶしぶ立ち上がることにしました!

だってミシンなんて10年くらい触ってないし、デニムのリペアなんてやろうとしたこともないのでとてつもないハードルに感じます。
でも何事もやってみることから!


一応念のため

どうなっても知らないよ

 

と伝えたところ


構わんよ

とアッサリ返されたので、リスク回避契約を結んで、いざ!


今回直したいデニムがこちら▼


f:id:whochico:20170522205721j:plain

 

左右の膝にダメージが。

f:id:whochico:20170522205740j:plain

 

f:id:whochico:20170522205752j:plain

 

うーん。

これはなかなか骨が折れそう。

 

ミシンをかけるために、サイドのステッチをリッパーで解く

 

デニム専用ミシンならこのままでもダダダーっといけるのかもしれませんが、家庭用ミシンだと穴の場所によっては筒状のままだと縫えないので、まずミシンにかけられるようにするために、穴の横のステッチを解いてしまいます。


こういう時はビビらずに!大胆に!がモットーなので大きめにリッパーでほどきます。


f:id:whochico:20170522205812j:plain

 

大胆に!です!

 

裏地を当てます!


旦那からは「デニムの端切れがあるからそれで塞いで」と言われていましたが、下調べの結果、あまり厚い生地だと履き心地がゴワゴワするそうで、うちにストックしてあった薄いキャンパスの端切れを使用することに。

f:id:whochico:20170522205840j:plain


これを穴に合わせてカットして、穴にあててピンを打ちます。
ざっくりと手で仮縫いしても良さそうです。


この時も穴にギリギリの大きさの布だと少しのズレも許されなくなってしまうので、ケチケチせずに大きめにカットしておくのが良さそう

はみ出たぶんをあとでカット!

f:id:whochico:20170522205853j:plain

 

裏地を当てたらいざミシンがけ!

 

そしたらオモテから、ひたすらミシンをジグザグにかけます!


f:id:whochico:20170522205952j:plain

 

f:id:whochico:20170522205907j:plain


この時はデニムステッチ用の#30の綿糸を使用しました。

糸色がデニム全体の風合いから浮かないように、横糸に合わせて色は真っ白でない生成りの色をチョイス。


直線縫いと返し縫いを組み合わせてひたすらジグザグに。

ちょっとぐらい曲がろうと気にしない!!

ものの10分くらいで穴はふさがり。

見た目はまあご愛嬌。

f:id:whochico:20170522205932j:plain


これを反対側も同じように当て布&ジグザグ作業

f:id:whochico:20170522210043j:plain


こっちは小さい穴が点々としていたのでおもったより時間がかかりましたが、できました!

f:id:whochico:20170522210141j:plain


愛息はミシンの音ももろともせず、テーブルの向こうでスヤァ。

f:id:whochico:20170522210214j:plain

 

ダメージ穴を塞いだら、最初に開いたサイドのステッチを復元!


最後に、はじめにかっさばいたサイドのステッチを上から縫い直します。
なんやかんやこれが一番難しかった。。

元の縫い目を追う作業なのですが、少しずつズレてしまうので焦らずゆっくりといきましょう。

はじめに大胆に行き過ぎたことを少し後悔しました。。。

適度が大切ですね。。。

 

f:id:whochico:20170522210247j:plain

そして、大きなトラブルもなく無事完成!

f:id:whochico:20170522210258j:plain


初めてでもやれば案外できるものです!
特別な道具もとくにいらず、ミシンと糸とリッパーと適当な端切れだけ!あとやる気!
これでまた旦那と共に頑張って働いてもらえると思うとやった甲斐がありました。

これを機にミシンで色々やってみたいと思います!

 

まとめ

 

ということで、今回は嫁ちゃんにリペアを施してもらいました。

ここまで履き込むことも何年ぶりか、っつー具合のダメージでしたが、やはりデニムの風合いは持ち主が履き込んでこそカッコいい!と常々思っているので、これからもガシガシ履きつぶす所存です。

 

ちなみにこのデニムパンツは大好きな【グリップスワニー GRIPSWANY】のインディゴ生デニムをここまで履き込んだものです。

 

関連記事▼

 

whochico.hatenablog.com

 

whochico.hatenablog.com

 

今回リペアしたオーソドックスなデニムパンツは製品自体が廃盤になってるっぽくて、オフィシャルサイトのラインナップからも無くなっていました。

紹介できないのが残念です!

 

皆さんも是非、デニムパンツ育てを楽しんでみてください。

愛着が湧くと手放せなくなりますよw

 

ではまた!