【祝】月間1万PV達成までにやったことをまとめる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:whochico:20170528183541j:plain

 

こんばんは、弱小ブロガーのボク(@diy_or_die_)です。

 

今年の4月でやっとこ月間1万PV達成したので、そこに至るまでにやったことを初心に帰るとき用に書いとこうかなって。

 

あ、書く前にちょっとちょっと言わせて。

 

ゴホン

 

やっと1万いったぞ嬉しひいぃぃぃぃぃぃぃぃん!!!

 

すみません、嬉しくて取り乱しました。

 

まぁ1万PVなんてセンスのある人ならきっとブログ開設1ヶ月目で到達するような数字ですが、ブログに限らずSEOやWEBの知識皆無のぼくにとってはとても大きく途方もない数字だったので、10ヶ月もかかってしまいましたが達成記念になにか書いとこうかなぁと思い至ったわけです。

本音を言うと到達すると思ってなかったけどね!

 

もう1度言いますが、当方はSEOなどの知識が無いままブログを開設しました。(注:今もよくわかってません)

これからぼくが書く内容も、ぶっちゃけネット上を探せばいくらでも出てくる話なので、今更感というか食傷気味の内容だとは思いますが、たまたまこの記事にたどり着いたブログを始めたばかりの初心者のお役に立てればなぁと思います。

 

ではさっそく本題にいきまっす。

 

 

月間1万PV達成するまでやったことを書く!

 

ぼくは2016年の7月にseesaaブログからはてなブログに引っ越してきました。

理由は「はてなブログは最初からSEOが強い」という情報をネットで見かけたので。

 

seesaa時代のPV数はそりゃひどいもんでしたよ。

1日のうちに1人も来ない日なんてザラにありましたからね。

これは埒が開かねーな!」ってことではてなブログへの引っ越しを決意し、ブログ運営に本腰を入れるに至りました。

 

では引っ越し当初からのPV推移を見てみましょう。

アナリティクスはスクショがNGらしいので手書きでスミマセン。

 

  • 2016年7月 918 PV 投稿数28
  • 2016年8月 2786 PV 投稿数24
  • 2016年9月 4081 PV 投稿数11
  • 2016年10月 5429 PV 投稿数5
  • 2016年11月 4581 PV 投稿数11
  • 2016年12月 5861 PV 投稿数26
  • 2017年1月 8206 PV 投稿数15
  • 2017年2月 7293 PV 投稿数6
  • 2017年3月 8836 PV 投稿数11
  • 2017年4月 11407 PV 投稿数9

 

という具合です。

まぁなんつーか、

 

PV全然伸びてねーなぁ!?

 

ぼくも改めてこう数字を並べてみるのは始めてですが、記事投稿数のムラに比例してPVも上がって下がってを繰り返してますね。

記事投稿頻度の差はぶっちゃけモチベーションの上下です。

ヤル気が出ないときはマジでPCすら触らない人間なので、そこら辺をコントロールして執筆を習慣化しなきゃなぁと思うのですがなかなかね。。。

 

ちなみに当ブログは9割が検索エンジンからの流入です。

SNSなどでブログへの導線は作っていますが、ぼく個人の影響力が皆無なのでそっちは全く伸びていません。

悲しい。。。

 

というわけで、今回はぼくが実践し、かつ効果を実感できた「検索エンジンからの流入を増やすための施策」について書いていきます。

 

1万PVへの道、その1:記事を書きまくった

 

はてなに引っ越した当初は、そりゃもう書きまくりましたね。

思いついたネタから遮二無二書きまくった。

今でも当時の下書きがたくさん残ってるくらい、テーマは定めずなんでも書いた。

 

あ、「テーマは定めず」なんてあえて自主的にそうしました、みたいに書いちゃいましたが、1つのテーマに限定してたら記事の量産が不可能だったんですよ。

 

ブログでの収益化を考えたとき、無知だとやっぱり調べながら取り組むじゃないですか。

ネット上で情報を漁ると、ブログ初心者に向けてのハウトゥを無料で開示してくれてる優しい有志の方がたくさんいらっしゃるのですが、そのどれもが

 

初心者はまず記事を量産するべし!

 

と、掲げています。

 

最初ぼくも「なんでだ?」と懐疑的でした。

記事を量産しなければいけない理由は後述しますが、これは後に大きな財産になることを体感として理解できたので、まず初心者がやることと言えばこれしかないでしょう。

PVを伸ばしたいなら、この「記事の量産」を前提として取り組まなければいけないのは間違いないです。

 

記事を書く、その前に

 

皆さんは検索ツールを使うときって情報が知りたいから検索して調べますよね?

検索エンジンからの流入が欲しいなら、この「人は情報が欲しいから検索する」という本質が全てです。

 

要は「誰かの役に立つ記事」でなければ検索されて読まれない、ということ。

 

個人のブログなんだから何を書いても自由だとは思いますが、PV数を伸ばしたいなら「誰かにとっての有益な記事」を書かなければいけません。

だって無名の一個人のその日にあった出来事を日記として書いても、検索されて読まれる確立は限りなく0に低いですよね。

 

検索流入を増やしたいなら、

 

「誰かが検索して知りたそうな、誰かにとっての有益な情報が書いてある記事」

 

大前提です。 

 

記事を書くとき、その1・文字数を意識する

 

検索上位に表示されるために必要な記事の文字数は諸説あるので確かな数字は言えませんが、一つだけ明確なのは

 

文字数が少なすぎるのはよくない

 

ということ。

 

というのも、グーグル側は「良質な記事、情報をユーザーに提供する」という理念があるので、文字数が極端に少ない記事は「ユーザーにとって有益な情報が少ない」と認知され、検索結果の1ページ目にはまず上がりません。

 

で、ぼくが意識したの文字数の目安は

 

最低でも1000文字以上

 

書いてみて1000文字に届かなかった場合には、無理矢理にでも届くよう表現や書きかたを変えて加筆修正して文字数を増やすように心がけました。

 

記事を書くとき、その2・SEOを意識してキーワードを盛り込む

 

まず「SEOってなんだよ?」って人もいると思うので引用させていただきます。

 

検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization, SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)とは、検索結果において、ウェブページをより高い順位に表示させることを目的として行う取り組みのこと。

 ( wikipedia より引用 )

 

要は「検索エンジンに引っかかりやすいようにする」ってことですね。

 

で、実際にどうするかというと、

 

検索されそうなキーワードをタイトルと文章に盛り込む

 

ということ。

 

ここで大事なのは「自然に盛り込む」ことです。

不自然にキーワードを盛り込んで支離滅裂に破綻した文章はグーグルに悪い印象を与え記事の評価が下がってしまう恐れがあるので、あくまで「自然に」を意識してください。

 

具体的な例として、恐縮ですがぼくの記事で説明させていただきます。

まずは当ブログで1番読まれている以下の記事をご覧ください▼

 

whochico.hatenablog.com

 

もうタイトルからSEOを意識してキーワードぶっ込みまくった恥ずかしい出オチ感が否めませんw

 

記事タイトルの決め方については後述するとして、記事本文を読んでもらえればわかると思いますが、至るところにキーワードが散りばめられているのにお気付きでしょうか。

 

まず、ぼくがこの記事を書いたとき

 

DIYってキーワードで検索から流入増えないかなー!

 

という意図がありました。

 

次にキーワードをピックアップする方法ですが、

 

「【DIY】の記事書きたいから最近流行りの【ディアウォール】で何か作ってみるか」

 

「ディアウォールの類似品で【2x4アジャスター】ってのもあるのか。せっかくだから同時に試そう」

 

「両方とも【2x4材】で柱を作るのか」

 

「実際つかってみるとけっこう【注意】しなきゃいけないこともあるな。両方使ってみて【比較】した【感想】も書こう」

 

*【】内がキーワードです。

 

ってな具合で「軸となるキーワードと一緒に検索されそうなワード」を探して、文章として不自然にならないよう気をつけながら散りばめていきました。

 

DIYディアウォール 2x4アジャスター2x4材

 

みたいな感じで、連想ゲームに近いですね。

最初に決めたテーマと関連性の高いキーワードをひたすらノートに書いて行くのも効果アリでした。

 

さすがに「DIY」というビッグワードでの検索上位表示はまだ未達成ですが、「2x4アジャスター」というミドルワードで検索1位。

 

f:id:whochico:20170609112258p:plain

 

記事タイトルにある複合ワードでの上位表示をキープできています。

 

f:id:whochico:20170609112255p:plain

 

f:id:whochico:20170609112253p:plain

 

f:id:whochico:20170609112251p:plain

 

f:id:whochico:20170609112157p:plain

 

「DIY」などのビッグワードでは強豪サイトに勝てないかもしれませんが、ミドルワード、複合ワードではまだまだ付け入る隙があるということが実証できました。

 

 1万PVへの道、その2・タイトルの作り方 

 

検索結果で上位に表示されたからと言って、読んでもらえなければ全く意味がありません。

そこでぼくが意識したのは

 

タイトルの左側に人の目を引きつけるワードを入れる

 

です。

 

一般的に記事タイトルは「32文字がベスト」と言われてます。

というのも、はてなブックマークの新着や人気エントリーに表示された場合、タイトルの先頭から全角32文字ぐらいが表示され、あふれてしまった部分は、…となってカットされてしまいます。

その表示される32文字内にキーワードを敷き詰めていかに人の目を引きつけクリックしてもらうか、が勝負の分かれ目です。

 

ここでぼくは、その32文字内に「他の人が真似できない個性をブッこむ」ことを意識しています。

 

タイトルにアイデンティティを盛り込め!

 

ここでまた先ほどの記事を引用させていただきます。

 

whochico.hatenablog.com

 

 

f:id:whochico:20170609112258p:plain

 

お気付きですか?

そう、ぼくの場合のアイデンティティとは「プロの大工」という立場。

 

プロの大工という立場はなんら特殊ではありませんが、「プロの大工が書いた工具やDIY製品のレビュー記事」というのは、その製品の情報が欲しい検索ユーザーにとっては特異点として映り他との差別化が図れます。

DIYやディアウォールなどの記事を書いたキュレーションサイトや個人メディアは数多ありますが、「プロの大工がディアウォールと2x4アジャスターを試して注意点と感想を書いた記事」は、ぼくの知る限りでは検索結果の上位に存在していません。

 

ぼくの場合は「プロの大工」という立場がアイデンティティになりますが、これを読んでる皆さんはどんなお仕事をされてますか?

 

例えばパン屋さんだったら

 

現役パン屋が教える美味しいパンを焼く秘訣」

 

例えば営業さんだったら

 

トップセールスマンが実践する究極の対人術」

 

などなど、自分の立場を最大限活かせるタイトル作りを心がけ、検索エンジンやSNSでクリックしてもらえるような差別化を図りましょう。

 

これに関しては妻にも意見をもらいました。

やはり知りたいことを検索で調べたとき、その道のプロが書いた記事はとりあえずクリックして読んでみる、とのこと。

初心者がなにかに取り組んだときのリアルな体験談もすごく有益な情報ですが、その道のプロが書いた体験やレビューも同じくらい、もしくはそれ以上に有益であるという証拠ですね。

 

自分にとっては当たり前のことでも、それを知りたい人や、なにかを始めたい初心者にとっては有益な情報になりえるので、自分にしか書けないことを心がけて執筆してみてください。

 

 1万PVへの道、その3・需要がある記事へのリライト

 

続いては加筆修正の「リライト作業」です。

 

ここでやっと前述の「記事を量産する期間」が必要になります。

というのも、書いた記事が検索エンジンに反映され表示されるまでの期間が、諸説ありますがだいたい3ヶ月くらいと言われています。

仮に毎日1記事ずつ更新したとして1ヶ月で30記事。

ドメインパワーなどの関係からPVが爆発的に増えるのは一般的に100記事が目安と言われているので、そこにたどり着くまで3ヶ月ちょっと。

 

その100記事全てが検索結果に反映されるのが半年後だと仮定して、その中から「世間からの需要があるのか無いのか」を見極めるためには、やはりある程度の記事数と期間が必要だと言われています。

 

これはぼくも体験しましたが、当ブログでよく読まれている記事のほとんどは、やはり公開日から数ヶ月後にアクセス数が跳ね上がる傾向がありました。

この「アクセスが急激に伸びる現象」もいたるところで紹介されていて、その現象を知っていたぼくは「これか!ついにきたか!」と興奮を覚えましたw

 

そしてここからが本番、リライト作業に入ります。

 

需要が高い記事をリライトしよう!

 

書き溜めた記事のストック全てにリライトを施すとなると膨大な労力と時間が必要になってしまうので、ここは「需要がある」と確信できた記事に限定してリライトしていきます。

 

記事公開の数ヶ月後、急にアクセス数が増えた記事。

 

それが

 

「世間から需要がある記事」

 

とぼくは捉えています。

 

その「世間から需要がある記事」の何を、どこをリライトするのか。

 

  • 誤字脱字、適切な行間の確認・修正
  • 足りない情報の加筆 
  • 内部リンクの追加

 

順を追って説明していきます。

 

誤字脱字、適切な行間の確認・修正

 

基本ですが、まずは誤字脱字の確認をしましょう。

まぁ誤字脱字なんてのはたいした問題ではないでしょうが、やはり人から指摘されると恥ずかしいもんですw

 

それと行間ですね。

改行なく敷き詰められた文字の固まりは見た目が重いし読み辛いしで良いことなんかありゃしません。

せっかく読みにきてくれた人に悪い印象を与えてしまうとリピーターになってくれるかもしれないチャンスを損ないかねないので、適切な場所に改行をいれてスッキリと読みやすい文章になっているかを確認しましょう。

 

ただ、いくら見た目をスッキリさせたいからといって一行毎に改行を挟み込むと逆にスッカスカで薄っぺらい印象を与えてしまうので注意。

文章3行に改行1つが丁度良い」という意見をよく見かけるので、これは今も変わらず実践しています。

 

足りない情報の加筆

 

需要がある!と確信した記事を読み返してみると、高確立で「あ、この情報も追加できるな!?」という閃きが降りてきます。

ここは難しいことを考えず、ただその情報を加えていきましょう。

言うまでもないですが記事の内容に沿った情報でなければダメですよ?w

 

情報を加筆するときも関連するキーワードは思いつく限りふんだんに盛り込んじゃいましょう

 

記事を読み返しても加筆ネタが閃かなかった場合は、自分が狙っているキーワードで検索をかけ、上位に表示される競合サイトの内容を読んでみるのも手です。

 

これどこにも書かれてないし自分だったら書けるかも!?

 

という着想を得るキッカケが転がってるかもしれないので是非試してみてください。

 

内部リンクの追加

 

需要が高まってアクセスが増えだした記事内には、他の関連記事リンクを適所に、かつ自然なかたちで差し込んでサイト内の回遊率を高めましょう。

上で紹介した記事内で言えばこんな感じ▼

 

f:id:whochico:20170609175047p:plain

 

 2x4材を選ぶときの注意点を述べたあとに、関連記事として「2x4材に関する記事」のリンクを差し込んでいます。

 

先に「適所に自然なかたちで差し込む」と述べましたが、正直、記事内のどの場所が「適所なのか」はぼくも勉強中なのでわかっていません。

ですが、この施策で回遊率を高めたことによって今まで見向きもされなかった過去の記事も読まれるようになったので、これは「アクセスアップに効果アリ!」と判断しています。

 

 リライトしやすい小ネタ その1

 

それはズバリ

 

「自分の趣味趣向、ライフスタイルに沿った【まとめ記事】を作っておく」

 

です。

 

 ぼくのブログで言えば以下の記事がソレに該当します▼

 

whochico.hatenablog.com

 

whochico.hatenablog.com

 

 

whochico.hatenablog.com

 

whochico.hatenablog.com

 

whochico.hatenablog.com

 

サンプルとしてまとめ記事の一部を抜粋しました。

 

「自分の趣味趣向、ライフスタイルに沿っている」ということは、必然的に今後もそれらの新しい情報が自分の中に随時インプットされるということ。

あらかじめ書いておいたまとめ記事に、新しい情報をインプットする度に小出しでアウトプットを繰り返せば、記事は定期的にアップデートされ鮮度が保てます。

要は「無理せず労せずブログネタを得ることができるサイクル」を作ってしまうのです。

 

リライトしやすい小ネタ その2

 

 記事を量産すると、自分との相性が良い「ネタ」「キーワード」が見えてくると思います。

相性が良い、イコール記事を書きやすので必然的に同カテゴリーの関連記事が増えていきます。

 

その増えていった関連記事をまとめた記事を書いておきましょう。

 

ぼくのブログで言えば▼ですね。

 

whochico.hatenablog.com

 

このブログは特化型ではなく雑記ブログですが、中でもやはり自分と相性の良いテーマは記事数のストックがずば抜けて増えていきます。

それは今後も増え続けることを意味するので、それを同テーマでの回遊率強化、内部リンクを強化するためのまとめ記事として書いておくと、先にも書いたようにリライトの更新ネタが労せず得られます。

 

月間1万PV達成までにやったことのまとめ!のまとめ!

 

では最後に箇条書きでしめます!

 

  • 誰かの役に立つ記事を書きまくれ!
  • 1000文字以上を心がけよう!
  • SEOを意識してキーワードを盛り込むんだ!
  • 人の目に止まるタイトルが重要だ!
  • 需要がある記事はできる限りリライトしよう! 

 

 以上!

 

と、こんな感じで「【祝】月間1万PV達成までにやったことまとめ」を締めさせていただきます。

 

月間1万PVなんてブログ界隈的にはきっとハナクソほどの数字でしょうし、何の実績もないぼくごとき弱小ブロガーがこういうテクニカルな記事を書くのもおこがましいですが、PVが伸びなくて悩んでいる同じブログ初心者のモチベーションにつながればと思い、僭越ですが今回ブログについて書いてみました。

 

ぼくもそうでしたが、初心者が超えなければならない最初の壁が「月間1万PV」という数字な気がします。

 

ぼくは10ヶ月もかかってしまいましたが、ブログ開設初期からポイントを押さえた手順を踏めばすぐに超えられる壁であると今では感じています。

なので、これからブログを始める、始めたばかりの初心者のかたも諦めずに頑張ってください。

 

最後に、10ヶ月の統括として一句詠んで終わります。

 

ブログって

 

継続だけが

 

力やね

 

ではまた!