【DIY】リビングのダイニングテーブルを作ったけど脚が長過ぎたので調整した

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:whochico:20160813072439j:plain

 

*2017年 2月5日 更新しました*

 

コンニチハぼく(@diy_or_die_)です。

 

引っ越しを機にリビングのダイニングテーブルをDIYで自作したのですが、使ってるうちに脚が長いことに気付いたので調整しました。

 

 

DIYで作ったテーブルの脚をカットして調整

 

せっかく作ったはいいものの、使ってるうちに

 

あれ?なんか妙に使いづらくないかい?

 

確かに、高さがなんとなく . . . . .

 

という違和感が生じたので、さっそく調整に取りかかりました。

 

 

 充電式丸ノコで脚の長さを調整

 

image-46338.jpg

 

スライド丸ノコのセッティングが面倒だったので、充電式の丸ノコでスパッとイッちゃいましょう。
今回みたいなちょっとしたカットのときは充電式丸ノコがフットワーク軽くて最高。
ほんと重宝してます。
 
嫁ちゃんと相談しながら、結局3cmカットしました。
 
image-b6a95.jpg
 
 
切り口にバリができたので
 
image-78999.jpg
 
 
紙ヤスリで均します。
このバリの手入れをせずに放置しておくと、ちょっとしたトゲが刺さったりオガクズが散らかったりと面倒なので、最初の段階で処理しておきましょう。
 

【BRIWAX】を塗り込む

 
image-18bb6.jpg
 
 
で、バリ処理した箇所にワックスを塗り込んで完了です。
 
 
塗る際は切り口だけじゃなく、その周りにも馴染むように塗り込むとムラも無く締まった感がでます。
 

小口の「ワックス処理」のついでに「全体的なメンテナンス」をした

 

image-f9650.jpg

 

我が家のダイニングテーブルはこんな感じです。
 
作ったばかりですが、もうすでに使用感というかアジというか、全体が少しくすんできたので、ワックスを引っ張り出したついでと言っちゃあなんですが、定期メンテとして全体的にも塗ってあげました。
 
で、結果ドーン!
 

image-73d9f.jpg

 

完全に艶が復活しました。
このBRIWAXを塗り込むメンテナンスが最高に楽しいんですよねぇ。
 
大事に手間隙をかければ愛着も湧きます。
 

まとめ

 

ということで今回のDIYは「脚の長さ調整&メンテナンス」で完了です。

微調整や定期的なメンテナンスを繰り返すことによって家具への愛着も深まるので、機会があったらぜひ家具のDIYにチャレンジしてみてください。

 

ちなみにですが、我が家のダイニングテーブルの天板は「パイン材」の規格「2x10材」を3枚並べてビスで固定しただけの超簡単な構造です。

2x4 材」や「パイン材」はホームセンターでお手軽に購入できるので、これからDIYを始めたい初心者のかたには超オススメです。

 


ボクは「2x4 ツーバイ材」を使ってこんなモノも作りました。


 

これからDIYを始めたい方の参考になれば幸いです。

 

ではまた!

 

↓DIYの関連記事まとめ↓

DIY初心者さんにオススメの関連記事まとめ【随時追加!】