読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「愛着」を最も大切なテーマとする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんが新しく物を買う時の選考基準はどこでしょうか。

価格?

デザイン?

付加価値?

答えは人の数だけあるでしょう。

僕は、対象の物を「長く使えるかどうか」ということを最も気にします。

それは何故か。

自分の飽きやすい性格を自覚しているからです。

例えば、今ものすごい欲しいものがあったとして、使われている素材は「長持ち」するか。

今は気に入ってるそのデザインは「一過性」の感性ではないか。

歳を取った未来の自分が「使えるか」。

といった具合に「長く使う」ことを前提としたチョイスです。

「長く使う」ということは、言い換えれば「消費した後のゴミ、無駄を減らす」にも少なからず繋がりますし、長い間大切に使うことは「愛着」を育む重要な時間でもあります。

故に僕は10年以上使っている道具やファッションアイテムなんかもざらに持ち続けてますし、「それカッコイイから譲ってくれ」と頼まれてもキッパリと断ります。

だって「愛着」が半端じゃないから。

自分の「歴史」や「思い出」が詰まっているから手放したくないのです。

十代半ばの頃に、当時大好きだったハイスタが雑誌で着ていたゴアテックスの迷彩ジャケットがどうしても欲しくて、やっとお金を貯めて買ったのに十代後半で一度だけ手放した事があったのですが、ものすごい後悔したんですよ。

十代で一つの物に数万円を使うなんてことはなかなか無かったし、お金を貯めて自分で服を買う、という体験も初めてだったので、色んな場所に着ていったし、それこそ思い出が沢山詰まって「愛着」を持っていたものを金欠のためたった数千円と引換に手放したんです。

その後、後悔の念が拭えず、譲った人に頼みこんで買い戻したのも良い思いでwww

そのゴアテックスジャケットは今でも冬場バイクに乗る時や野外で作業する時に大活躍してます。

塗装する時に袖口に少し付いたペンキや取れてしまったボタン。

それすらも愛おしい「味」だと思っています。

決して「消費をしない」ということではなく、衣食住、すべてのモノを「大切に、長く使う」というシンプルなマインドがとても好きです。

誰かにとっての、そんな「愛着」を育めるモノを作っていきたいな、と思う。

ぼろぼろになっても使ってて、それについて聞かれたら「これはね、、、」て楽しそうに語っちゃうジジイになりたいな、と思う。