読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頑張ってもファッションが決まらない男に贈るオシャレ好きからのアドバイスまとめ

まとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加
結論からいうとですね、

 

何を着るか、ではなく、誰が着るか

 

これに尽きます。
 
真理といっても過言ではありません。
結局ね、服なんてのはぶっちゃけなんでもいいんですよ。
自分が好きな服を着ればいいんです。
基本的に人は他人にそこまで興味がないし、誰もお前の服装なんかみてねーよって話です。
 
そんな元も子もないこというなよ!
 
という声が飛んできそうなので、オシャレ好きのぼくが、今より少しだけかっこ良くなれる方法を超主観でまとめました。
 
参考になれば幸いでっす。
 

オシャレは体型に合わせたサイジングが基本

 
もうこれは基本中の基本です。
オシャレはこの基本の上に成り立ちます。
この基本がなってないと、どんな服を着てもオシャレには見えません。
 
その証拠に、だらしない体型の人がどんなに高級なハイブランドやデザイン性の高い服を着てもセンスよく見えませんよね?
 
だらしない体型は、他の素晴らしい要素を一撃で台無しにする破壊力があります。
よほどキャラ立ちしているデブ、職業が格闘家や力士、などの例外はありますが、基本的に一般市民のデブはオシャレする前に痩せたほうがいいです。
コレに関して異論は認めません。
 
次にサイジングです。
 
どんなに整ったスタイルの人でも、自分に合ったサイジングを理解していないとカッコ良くみえません。
 
例外として、あえてオーバーサイズや小さめを選んで着ている方もいますが、このテクニックは自分を熟知していないと身に付かない芸当ですので、オシャレ初心者はまず自分の体型、骨格に合うサイズを知ることから始めましょう。
 
以下の説明は、上記の「基本」がなってることを前提にお話していきます。
 

間違いない服の選びかた

 
「服なんてのは好きなもん着ときゃいいんだよ」
 
と冒頭でいいましたが、好きなもん着た結果がクソダサかったらしょうもないので、無難というか、こんな感じに納めときゃ間違いないだろ、という服の選び方を説明します。
 
〜クールカラー、アースカラーを選ぶ〜
 
クールカラーとアースカラーの説明は省きますが、要は「暖色を選ばない」ということです。
 
「赤」「オレンジ」「黄色」などの暖色は、お国柄や国民性のせいかはわかりませんが基本、日本人には似合いません。
人によっては暖色を身にまとった瞬間、最悪バカっぽくみえてしまうこともあります。
 
もちろん、精通するカルチャーや生き方によっては似合う人もいますが、オシャレ初心者のかたは選ばないほうが無難です。
 
〜デザインはオーソドックスを〜
 
奇をてらったようなパターンのデザインは着る人を選ぶのでやめましょう。
中肉中背の日本人が着ても似合うわけありません。
 
それと、無駄に主張する派手なプリントが施された服はモノ自体がクソかっこ悪い場合がほとんどなので、買わないほうがいいです。
 
〜流行ものは選ばない〜
 
よほど気に入った、しっくりきたのなら話は別ですが、なるべくなら選択肢から除外したほうがいいです。
右習えで同じような格好をしている人は、それだけでもう量産型だな、という印象を与えます。
 
例でいうなら一時期流行った「木こりみたいなベスト」とかね。
 
そういう身の周りに多すぎる流行を意識的に避けていくと、後々のファッションセンスを形成するときに役立つのでオススメです。
 
次の項目はトータルでコーディネートを見たときに気をつけなければいけない要点を説明します。
 

トータルで大切なのは清潔感

 
はい、清潔感です。
 
全体像で清潔感を出せるかどうか、ということですね。
 
これに関しては「ここをこうすればいいよ」という明確な答えがないので難しいのですが、逆に「ここを気をつけないとヤバいよ!」というところを説明します。
 
「ここを気をつけないとヤバい」ところ、それは靴です。
 
靴が汚いだけで、全体の清潔感は一気に低下します。
「初対面でまず相手のファッションのどこを見る?」という問いに「靴」と答える人はけっこう多いそうです。
かくいうぼくも相手の靴がどんなものか、どんな状態か気になったりします。
 
*スニーカーなら、なるべく新品の状態を保つこと。
 
*革なら定期的なメンテナンスを怠らないこと。
 
汚い靴は貧乏臭く見えるし、最悪な場合、相手を不快にもさせます。
特にオールホワイトの汚れた靴を履いている人は要注意です。
今すぐ綺麗にするか、綺麗にならなかったら捨てて新しいものを買いましょう。
 
革靴に関しては定期的なメンテナンスが本当に大切です。
 
見る人が見ると怠っていることがすぐにバレますし、長く大切に使うためにもメンテナンスで綺麗に保つように心がけましょう。
 

まとめ

 

  • 体型に合わせたサイジング
  • 暖色は選ばない
  • デザインはオーソドックスを
  • 流行にはなるべく乗らない
  • 清潔感が重要
 
 
今回書いたことに気を配るだけでもオシャレ度はグンと上がると思うので是非チャレンジしてみてください。
 

 どうしても自分に似合う服が分からないという方へ

 

メンズ服の購入代行というサービスもあります。

↓ ↓ ↓

 

 

 

カンタンに説明すると、

 

19800円で自分に似合うコーディネートをスタイリストがお客様1人1人のプロフィール(外見の特徴等)を元に似合う服を上から下まで靴も含めて一式選定

 

というサービス。

 

芸能界で活躍されているトップスタイリストが「1人1人に合うファッションコーディネートノウハウ」を、対応するスタイリストに徹底して指導しているみたいなので、ファッションの素人には心強いですね。

しかも、どんなコーディネートかは発送前に事前に確認できるようです。

 

  • ファッションのことがわからないので服を選ぶことができない、そして何を参考にして服の方向性を決めればいいのかもわからない方
  • ファッションが全くわからないわけではないけど、いつも似たような服を選んでしまうため、スタイリストに選んでもらうことで新しいパターンを知りたい方
  • 自身の体のサイズがとても大きくて、サイズが合う服があまりない、見つけられない方
  • 地方在住で近くに服屋がほとんどない&都心部まで買いに行くのが面倒くさい方
  • 服の買い物や服選びにかける時間を確保できない方
  • あまり服にお金をかけられない学生なので、安く一式揃えたい方

 

といった方にはうってつけのサービスだと思います。

 

事前にちゃんとコーディネートを確認することができるし、しかも、その上で何度でも提案してもらうことができるので、ファッションに自信のない男性は、何度かスタイリストさんに服を選んでもらって、オシャレの経験値を積んで自信をつけていくのも手かもしれません。

 

 
お役に立てれば幸いです。